SCCM の環境構築について

皆さん

初めまして。

日頃、Microsoft の SCCM (System Center Configuration Manager) を扱っているので備忘録的にブログを始めてみました。

SCCM とは、組織内のコンピューターやサーバーやモバイルデバイスなどの IT リソースを効率的かつ包括的に構成管理するためのツールです。各クライアントの構成情報 (どのようなソフトウェアがコンピューター上に導入されているかなど) の管理やパッチ管理 (WSUS と連携した Microsoft Update を含むサードパーティ製製品のパッチ) やソフトウェアの配布 (msi や exe など)や OS 展開 (Windows OS の展開) などが行える包括的な製品です。
SCCM の製品紹介は Microsoft のカタログを見て頂ければ良いと思います。
今回は、まずは SCCM の環境作りについて紹介いたします。
SCCM のサーバー環境は比較的高いハードウェア要件を要求してきます。
(全ての機能を 1 台のサーバーで運用するスタンドアロン プライマリ サイトでも 8 コア、32 GB RAM でも、実際にはそれ以下の環境でも十分動作しますのでご安心を)
追記: SCCM Current Branch (CB) では、推奨ハードウェア構成が更新されています。

サーバー環境の構築は下記の評価ガイドをベースにしてみてください。(丸投げ (^_^) )
SCCM 2012 R2 のものですが、最新の Configuration Manager 1511, 1602 でもほとんど同じでした。

System Center 2012 R2 Configuration Manager 評価ガイド-基本環境構築編

サーバー環境構築以外の評価ガイドはこちら

System Center Configuration Manager 概要ビデオ

Update on 2017/05/14

マイクロソフトより、System Center Configuration Manager Current Branch (CB) に対応した、評価ガイドがリリースされたので追加します。今回、リリースされた評価ガイドは、System Center Configuration Manager CB 1606 を対象にしているようです。

System Center Configuration Manager (CB) 評価ガイド 環境構築編

ちなみに、現時点で最新の CB は 1702 になります。

System Center Configuration Manager のプライマリ サイトをインストールする時に、Windows 10 ADK をインストールする必要がありますが、インストールする SCCM バージョンによって、対応している Windows 10 ADK のバージョンに違いがありますので、下記のサイトを参考に Windows 10 ADK バージョンを選択してください。

Windows 10 ADK Requirements

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする