フィードバックした機能が製品に採用されました! – Configuration Manager 編

皆さん、おはようございます。

今回は、Configuration Manager (Microsoft Endpoint Configuration Manager (MECM) (旧 SCCM)) の新機能について紹介したいと思います。

今回、紹介する新機能は私がフィードバックして搭載された機能になります (汗)

<新機能概要>

今回搭載された新機能は、OS 展開 (OSD : Operating System Deployment) に関するものとなります。具体的には、GUI にて、キーボード レイアウトを設定できる機能です。

今まで、Configuration Manager を使った OS 展開の場合、別途対処を行わないと、日本語キーボードの環境に OS 展開しても、日本語キーボードの 106/109 キーボードには設定されず、101/102 キーボード (英語キー配列) になっていました。

以前に、このブログでも紹介しましたが、レジストリで対応する方法が一般的な方法でした。

しかし、この回避策を毎回適用するのは大変なので、Configuration Manager の機能で搭載してほしいとリクエストして、GUI で設定できるようにしていただきました。

下記のスクリーン ショットにあるように、オペレーティング システム イメージの適用] のステップに、[レイヤー ドライバーを選択する] という項目が Configuration Manager CB 2107 から搭載されました。これにより、別途、レジストリで設定しなくても、日本語キーボード配列になって OS 展開が行えます。

このレイヤー ドライバーの設定は、日本語キーボードと韓国語キーボードの場合に設定ができます。他の言語のキーボードは別途設定する必要がないのでしょうかね。(すみません、他の国の需要は分かりません)

<フィードバックの流れ>

まず、UserVoice のサイトにて、アイディアを共有しました。(2020/03/02)

Add LayeredDriver (keyboard driver) settings in OSD

その後、このブログにても、投票いただけるようにお願いしておりました。

そして、Configuration Manager Technical Preview 2104 にて、初めて機能が実装されました

その後、一部改善を経て、めでたく Configuration Manager CB 2107 に正式に機能が搭載されました!

<謝辞>

Dear Microsoft Configuration Manager Product Team

今回、新機能搭載にあたり、Microsoft の開発チームなどの関係者の尽力により、新機能として搭載していただきました。実際に製品として、搭載され、とても嬉しく思います。この度はとてもありがとうございました!

Thank you very much for implementing the “layered keyboard driver during OS deployment” setting in the Configuration Manager product.

I am very appreciate your team (David James team) efforts.

<まとめ>

今回、私がフィードバックした機能がめでたく、製品 (CB) に搭載されました。とても嬉しく思います。また、Configuration Manager を用いた OS 展開で日本語キーボードに展開しているすべての管理者の方に向けた機能でもあります。是非、Configuration Manager CB 2107 にアップグレードした際は、本機能を利用してみてください。

また、最後になりますが、皆さんも Configuration Manager にこんな機能があったら良いなと思ったら、UserVoice のサイト にて、アイディアを共有してみてください!

%d