[検証環境] Dell Latitude 5510 を購入しました

皆さん、こんにちは。

もう今年も師走ですね。そんな中、私は、検証機という名目で、Dell Latitude 5510 (ビジネス向けラップトップ) を発注してしまいました。

Dell Latitude 5510 を購入した理由は多々あるのですが、主に下記の点で購入しました。

・ Configuration Manager (Microsoft Endpoint Configuration Manager) を使ってドライバー パッケージを含めた実機への OS 展開の検証を行う。(Dell さんだと、ドライバー パッケージを公開しているのでテストしやすいと思ったため)

・ Windows Autopilot のテスト (クラウド デプロイメント)

< 購入までの流れ >

以前、サーバーを購入したこともあり、Dell さんの担当営業の方がついているので、その方にクライアント PC (Latitude シリーズ) を購入したいことをお伝えし、見積もりを依頼。

初回の見積もりは 2020/08 頃でした。。。(もっと早く発注しろって話ですね (汗))

Latitude 5510 と Latitude 7410 を検討。

最終的に、2020/12/02 に FAX にて注文書を送付し、発注。

2020/12/09 に自宅に納品というスケジュール感でした。

< スペック >

CPU : Intel Core i5-10310U (vPro)

Memory : 8 GB (DDR4)

SSD : M.2 256GB PCIe NVMe

Network : Intel Wi-Fi 6 AX201, Intel XMM 7360 LTE アドバンスト

Display : 15.6 インチ FHD WVA (1920 x 1080)

Intel Active Management Technology 対応

OS : Windows 10 Pro

Intel Active Management Technology 対応というのがポイントで、BIOS 等を含めた OS 展開中の操作をすべてリモートで行いたかったので、Intel AMT 対応機種を選択しました。

< 写真 >

< お礼 >

今回の Dell Latitude 5510 購入では、Dell さんの営業の方にお世話になりました。また、運送会社などの関係する方々に大変お世話になり、感謝しております。

< 最後に >

今回は検証機の購入記事を記載しました。今後は、この検証機を使って OS 展開ネタを掲載できればと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。