Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2 ではログオン スクリプトが実行されるまで 5 分間遅延する

皆さん。こんにちは。

今回も社内の環境で経験した事をベースに記事を掲載しようと思います。

Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2 ではログオン スクリプトが実行されるまで既定で 5 分間遅延します。この内容は Microsoft の KB サイトにも掲載されています。KB サイトには Windows 8.1 ベースと記載がありますが、Windows Server 2012 R2 も影響を受けます。この情報を知らないと結構はまります。少なくとも私ははまりました。

ログオン スクリプトは、ユーザーが Windows 8.1 ベースのコンピューターにログオンした後、5 分間は実行されません。

Logon scripts do not run for five minutes after a user logs on to a Windows 8.1-based computer

5 分間、ログオン スクリプトを遅延させているのは Microsoft KB サイトによると、ユーザーのデスクトップのローディングを早くさせるためと記載があります。

しかし、社内環境ではログオン スクリプトをログオン後すぐに実行したいケースが多々あります。その場合、下記のグループ ポリシーを設定する事ですぐにログオン スクリプトを実行する事ができます。

コンピューターの構成\ポリシー\管理テンプレート\システム\グループ ポリシー\ログオン スクリプトの遅延を構成する

Group_Policy_01

Group_Policy_02

上記ポリシーを無効にせず、有効にして、[分] のところを変えると好きな時間ログオン スクリプトを遅延させる事ができます。

Windows 7 まではログオン スクリプトの遅延が無かったと思うので、Windows 8.1 ベースの OS にログオン スクリプトを流してすぐに実行されないと何かのトラブルか?とはまりやすいので注意が必要です。社内全体のグループ ポリシーに本設定をする事をお勧めいたします。

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。