Windows Server 2016 AVMA キー

皆さん、こんにちは。

もう 2016 年もあと少しですね。
最近、Windows Server 2016 を Hyper-V のゲストマシンにして色々な検証環境を作る機会が増えました。OS インストールの際にプロダクトキーを入力する必要があると思いますが、AVMA (Automatic Virtual Machine Activation 仮想マシンの自動ライセンス認証) キーを使うと仮想化ホスト(Hyper-V をインストールしたホスト)が既にライセンス認証されていれば、ゲストマシンも自動的にライセンス認証されます。仮想マシンがインターネット回線に繋がっていなくてもライセンス認証されます。
そのため、仮想環境を構築する際にそれぞれの仮想マシンに個別のプロダクトキーを入力する必要が無く、仮想マシンの構築がとても楽になります。また、一時的に構築する仮想マシンに通常のプロダクトキーを使ってマイクロソフトと認証をする必要がありません。

しかし、TechNet の日本語ページには Windows Server 2012 R2 のキーしか記載がありません。英語の TechNet には記載があります (涙)

仮想マシンの自動ライセンス認証 (TechNet)
Automatic Virtual Machine Activation (TechNet)

AVMA は下記の構成で使えます。

仮想化ホスト AVMA キーが使える OS およびエディション
Windows Server 2012 R2 Datacenter Windows Server 2012 R2 (Datacenter, Standard, Essentials)
Windows Server 2016 Datacenter Windows Server 2012 R2 (Datacenter, Standard, Essentials)

Windows Server 2016 (Datacenter, Standard, Essentials)

一応、AVMA キーを記載しておきます。

Windows Server 2012 R2

Edition AVMA key
Datacenter Y4TGP-NPTV9-HTC2H-7MGQ3-DV4TW
Standard DBGBW-NPF86-BJVTX-K3WKJ-MTB6V
Essentials K2XGM-NMBT3-2R6Q8-WF2FK-P36R2

Windows Server 2016

Edition AVMA key
Datacenter TMJ3Y-NTRTM-FJYXT-T22BY-CWG3J
Standard C3RCX-M6NRP-6CXC9-TW2F2-4RHYD
Essentials B4YNW-62DX9-W8V6M-82649-MHBKQ

AVMA キーを使った快適な仮想マシンのインストールを!