Windows 11 Home でローカル アカウントを作成する方法

皆さん、おはようございます。

今回は、Windows 11 のネタを取り上げたいと思います。

巷では話題になっている、Windows 11 Home でローカル アカウントが作成出来ない問題について、ネットで見つけた方法で回避する方法が紹介されていましたので、検証してみました。あくまで、今日 (2022/04/10) 時点での方法なので、今後仕様が変わって出来なくなる可能性もありますので、ご了承ください。

<環境>

Windows 11 version 21H2 Home

<ローカル アカウントを作成する方法>

  1. まずは、対象のマシンからネットワーク (有線、無線を問わず) を切断します
  2. Out of Box Experience (OOBE) の画面で Shift + F10 でコマンド プロンプトを起動します。
  3. コマンド プロンプトで下記のコマンドを入力します。
    cd oobe
    BypassNRO.cmd

  4. コマンド実行後、自動的に OS が再起動されます。
  5. その後、再度 Out of Box Experience (OOBE) を進めます。
    [日本] を選択し、[はい] を選択します。
  6. キーボード レイアウトは、[Microsoft IME] で [はい] を選択します。
  7. 2 つ目のキーボード レイアウトは追加しないので、[スキップ] を選択します。
  8. [ネットワークに接続しましょう] が表示されます。通常の Windows 11 Home ではネットワークに接続しないと次に進みませんが、BypassNRO.cmd を実行していると、[インターネットに接続していません] が表示されます。ここが大きな違いです。
    [インターネットに接続していません] を選択します。

    因みに、BypassNRO.cmd を実行しないと下記の画面になります。(通常のセットアップの場合)

  9. 次に、[制限された設定で続行] を選択します。
  10. ここで、ローカル アカウントの作成画面が表示されます。
    ローカル アカウントの名前を入力し、[次へ] を選択します。
  11. 必要に応じて、パスワードを設定します。
    ここでは、設定せず、[次へ] を選択します。
  12. プライバシーの設定を必要に応じて設定します。
    また、その後の設定も行います。
  13. 下記のようにローカル アカウントが作成されました。

<まとめ>

今回は、Windows 11 Home にて、ローカル アカウントを作成する方法を紹介しました。

この方法は、あくまで自己責任で実施ください。今後変更になる可能性もあります。

基本的に、Windows 11 Home では、Microsoft アカウント (MSA) でのセットアップになります。ただ、Microsoft アカウントでセットアップする際は、C:\Users の配下に作成されるフォルダー名 (alias) が勝手に作成されます。ユーザーによっては中途半端な名前が設定されるため、ローカル アカウントを作成して、後で Microsoft アカウントを設定する方法が良いと思っています。Microsoft アカウントを強制するなら、せめて、フォルダー名 (alias) は設定出来るように Out of Box Experience (OOBE) で設定画面を用意してほしいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。